現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 技術開発室入居募集
  3. 技術開発室 募集概要

技術開発室 募集概要

技術開発室

企業に良好な研究開発環境を提供しております

  • 技術開発室A:IT関連企業向けOAフロア仕様レンタルオフィス
  • 技術開発室B:食・バイオ関連企業向けウェット仕様レンタルラボ
  • 研修室や会議室、食堂等の共同利用施設

センターの特徴

緑に囲まれた静寂な環境

テクノパーク鳥瞰空撮写真

開発や研修、評価・分析には最適な、Forest Frontの静かな環境です。

バスは、センターのすぐ前に停まり、バス停から徒歩30秒。

JR快速エアポートで、JR札幌駅から 1駅 8分、JR新千歳空港駅から28分。快速も特急も停まるJR駅と市営地下鉄ターミナル駅とがある新札幌副都心から、わずか15分。

ICカードによるセキュリティを確保

“セキュリティゲート写真”

会議室の利用者や一般の来館者が入れる「パブリック・エリア」と、センター入居者の「セキュリティ・エリア」とを、完全に分離。ICカードにより、24時間/365日の利用が可能です。
貸室フロア域(セキュリティ・エリア)に入るためには、共通セキュリティ・ゲートで、ICカードによる認証が必要です。一般の来館者や食堂の利用者、セールスマンなどが、入居室の周囲をうろうろするような事はありません。各居室に入る際にも、再度、ICカードによる認証が必要となりますので、十分なセキュリティが確保されます。開発途中や未発売の新製品、実験サンプルの評価・分析プロジェクトに最適です。
このほか、24時間、365日、地下に警備担当者が常駐しており、巡回警備を実施して、万一に備えています。

充分な電源容量を確保し光ファイバー配線を完備

各室のブレーカーは単相三線式100アンペアで、一般的な単相二線式では2倍の200アンペアまで利用可能です。多くの端末やサーバ機、分析装置や保存装置の利用に対して、充分な容量を確保しています。また単相三線式ですので、電気工事をしなくとも、そのままで 単相の200ボルトにも対応します。

ウェットラボ仕様では、別途、動力系の三相200ボルトラインを用意しています。

各貸室とコンピュータ室との間に、光ファイバーが配線されていて、パッチ・ボードで接続が出来ます。拠点間のVPN接続など、ネットワーク・サービス・プロバイダーISPによる高付加価値の網サービスが受けられます。

充実した共用施設

駐車場、食堂、ラウンジ、完全分煙の喫煙室、自動販売機、自動体外式除細動器(AED)、プレゼンテーション・ルームを含む6つの貸し会議室、男子休養室と女子休養室(リフレッシュ・ルーム:仮眠も可)、講堂(体育館)など、開発センターや評価センター、実験ラボに必要な施設を備え、低料金で貸し出しています。

入居者が、自らの賃貸スペースを割いて、社内に喫煙所や会議スペースを用意する必要はありません。

大手IT企業も集積する札幌テクノパークの中心

富士通、日本ユニシス、エィ・ダブリュ・ソフトウェア(アイシン)、NTTデータMSE、日本アイ・ビー・エム、エプソンほか、大手IT企業の札幌開発センターが集積しています。

テクノパーク協議会での企業間交流

テクノパークに集積した企業間の交流組織である「札幌テクノパーク協議会」があり、交流委員会などが活動をしています。

札幌市役所と30年の実績がある財団とによる公的支援

一般財団法人さっぽろ産業振興財団の主催で、各種の支援や情報の提供、技術研修会が受けられます。
高度なIT人材の育成や、アジア圏への輸出や販路の拡大、ベンチャー創業の支援、食産業の六次化、 専門家による経営相談、融資のあっせん、道内大学や公的機関の紹介などが受けられます。

技術開発室 入居希望の皆様へ

入居条件

技術開発室A(IT関連企業向けOAフロア仕様レンタルオフィス)

エレクトロニクス応用技術の研究開発、ソフトウェア開発、システム開発や機器の試作等を行う企業、または、 IT技術やネットワーク技術を利活用して非IT系のビジネスを展開、新事業にチャレンジする企業が入居できます。

技術開発室B(食・バイオ関連企業向けウェット仕様レンタルラボ)

評価・分析・実験を行うラボラトリーとして利用する食関連やバイオ関連の企業が入居できます。

入居できないケース

単なる販売オフィスや大規模な製造工場など、研究開発・技術開発の要素が見受けられない場合は入居条件を満たせません。

入居期間

入居期間は 1ヵ月間以上で、卒業(退去)の年限はありません。また、大学等との共同研究は、入居の必須条件ではありません。

具体的な入居例

  • ソフトウェア開発、システム開発を行う企業 (IT開発センター)
  • ソフトウェアやシステムの機能検証を行う企業 (検証センター)
  • ネットワークやIT技術を活用してビジネスを展開する企業 (札幌オフィス)
  • IT技術の利用や普及を支援・促進する企業 (技術系コール・センター)
  • 機能性食品や化粧品の安全性、有効性を評価する企業 (実験ラボ、評価ラボ)
  • 食品や組織の成分分析や含有量の測定、同定を行う企業 (分析センター)
  • コンソーシアムなど中期/短期の技術研究プロジェクト、実証実験チーム
  • LLPやLLCなど共同開発の案件/共同受注グループ (プロジェクト室) など

賃貸料金

起業を目指すかた、創業間もないSOHOベンチャーのかたへ

札幌市産業振興センターの スタートアップ・プロジェクトルーム(SPR)が、また、コンテンツ系、デジタル系クリエイター向けには、 インタークロス・クリエイティブ・センター (ICC)が有って、いずれも低価格でオフィスを提供し、起業や事業の立ち上げを支援するメニューも用意していますので、 これらのインキュベーション施設への入居も、ご検討下さい(入居時は事業内容や資金計画を審査し、卒業年限が有ります)。

このページについてのお問い合わせ

一般財団法人 さっぽろ産業振興財団(札幌市エレクトロニクスセンター 事務局)
  • 郵便番号004-0015
    札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目1-10
  • 電話:011-807-6000
  • ファックス:011-807-6005
  • お問い合わせフォーム