現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 札幌テクノパーク紹介

札幌テクノパーク紹介

札幌テクノパークの概要

札幌テクノパークの空撮写真

札幌テクノパークは、情報通信関連の産業を新たな都市型先端技術産業として定着させ、次代を担う主力産業に育成することを目的に、札幌市(経済観光局)が全国に先駆けて整備した研究開発型の団地で、開発総面積は、281,620平方メートル(0.28平方キロメートル)あり、その41.6%が公園や河川の緑地として確保されています。

厚別区で、もみじ台団地と野幌原始林とに接し、緑あふれる良質な環境を活かし、1986年に分譲が開始された「第1テクノパーク」には、地場のソフトウェア・ハウスや システム・ハウスが立地し、1988年から拡張分譲された「第2テクノパーク」には、大手・中堅IT企業の札幌開発センターを誘致して立地を進めました。

その結果、「北海道ITレポート」によると、北海道(面積:83,454キロ平方メートル、人口:554万人)内の全IT産業の約12%の売り上げ高が、この小さな札幌テクノパーク内に集中しており、2,000人が働く国内屈指のIT関連企業の集積拠点として発展し、今日に至っています。

この団地では、町内会に相当する「札幌テクノパーク協議会」が組織され、若手のスポーツ同好会、夏季のビア・パーティ、秋の市民向け公開イベント(お祭り)、新年の賀詞交換会など、企業間の交流活動などを行なっています。

第1テクノパーク

  • 住所:札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目
  • 竣工:昭和61年12月

札幌に本社を置くソフトウェア・ハウスやシステム・ハウスなどの、地場のIT企業を中心に、24社が立地しています。(2018年1月現在) 貸し会議室、駐車場、研究開発に適したレンタルオフィスを備えた公的支援施設である「札幌市エレクトロニクスセンター」もあります。

第2テクノパーク

  • 住所:札幌市厚別区下野幌テクノパーク2丁目
  • 竣工:平成2年3月

道外に本社を置く大手・中堅企業の札幌開発センターや、その子会社、関係会社の開発拠点を中心に、計11社が立地しています。
(2018年1月現在)

立地企業

札幌テクノパークの地図